• TOP > 
  • 利用者サービス
相互利用サービス (学内利用者向け)
必要な資料が本学にない場合は、以下の方法で他館の資料を利用することが可能です。 相互利用サービスを申し込むときは必ず蔵書検索(OPAC)で所蔵調査を行ない、学内に該当する本がないことを確認してからお申し込みください。

  1. 所蔵館で直接閲覧する。
    本学図書館長の紹介状が必要となりますので閲覧カウンターに申し出てください。利用の際は、紹介状と学生証(身分証明書)を持参し、その図書館の規則に従ってください。

  2. 図書を借り受ける。
    他大学図書館や国立国会図書館から図書を借りることができます。閲覧カウンターで現物貸借申込書に必要事項を記入して申し込んでください。借り受けた図書は図書館外に持ち出すことはできません。館内で閲覧してください。
    図書入手までに約1〜2週間かかり、取り寄せにかかる送料は(500〜700円)は利用者負担となります。
    なお、他館が所蔵する雑誌は、現物貸借することはできません。文献複写でお申し込みください。
    CANコンソーシアム加盟館の資料は、送料無料で取り寄せできます。

  3. 複写を依頼する。
    他館から資料のコピーを送付してもらうことができます。閲覧カウンターにある文献複写申込書に必要事項を記入して申し込んでください。
    資料入手までに約1週間かかり、料金は利用者負担となります。
    CANコンソーシアム加盟館の資料の複写は、コピー料金10円/枚+送料で利用できます。

       複写料金      コピー料金(約20〜50円)×枚数+送料   


相互利用サービスのうち 2, 3は、職員、大学院生に限りインターネットからの申し込み(InternetILLサービス)も受け付けています。InternetILLサービスの利用は、あらかじめ利用登録が必要です。

InternetILLサービス (教員・大学院生向け)
公費による支払いが可能な中部大学職員または大学院生のかたは、必要な資料が本学にない場合に限り、他館の資料を利用できる相互利用サービス(文献複写、現物貸借など)をインターネットから申し込むことができます。このサービスを利用するにはあらかじめ利用登録が必要です。登録方法や利用方法について詳しくはこちらをご覧ください。

  • InternetILLサービスは本学で入手可能な資料および論文をお届けするサービスではありません。 本学で入手不可能な場合のみ受け付けます。
  • 他館が所蔵する雑誌を現物貸借することはできません。文献複写でお申し込みください。



利用状況確認サービス (学内利用者向け)
中部大学に所属している学生、教員、職員を対象に、大学内外のインターネットPCから本の貸出状況や予約状況の確認、貸出中の本の予約、貸出期間の延長(延滞のない学生に限ります)が可能することができる利用状況の確認サービスを行なっています。利用状況確認サービス蔵書検索(OPAC)からも利用することができます。
利用には中部大学個人認証用のユーザIDとパスワード(Tora-netやWeb履修申告で利用してるもの)が必要です。
なお、携帯版ウェブサイトでも利用状況確認サービスを利用することができますが、予約、貸出期間の延長は行なうことはできません。

モバイルサイト
インターネット対応の携帯電話から、開館時間の確認、蔵書検索、利用状況の参照、貸出更新、貸出中の資料の予約などができる携帯電話対応のウェブサイトです。
モバイルサイト    http://opac.bliss.chubu.ac.jp/mobileopac/

モバイルサイトの機能や簡単にアクセスできるQRコードは、こちらをご覧ください。

セミナールーム・グループ学習室の利用 (学内利用者向け)
図書館3階には、教員のかた、学生のかたに多目的にご利用いただけるセミナールーム、グループ学習室(3室)があります。

  • セミナールーム
    プロジェクターやサブスクリーン、インターネット回線を配備しており、一度に60名まで利用可能です。セミナールームの利用には申し込みが必要です。利用を希望されるかたは、3階カウンター(内線:2861)で予約状況を確認してから、使用申込書に記入してお申し込みください。


  • グループ学習室
    ホワイトボードやAV機器を備えた部屋や、少人数で利用できる部屋があります。利用を希望されるかたは、3階カウンター(内線:2861)で予約状況を確認してお申し込みください。

申請書類ダウンロード
ガイダンスや会議室使用など、図書館へ申し込む場合に必要な以下の書類が PDF ファイルで印刷することができます。PDF fileを表示、印刷するには Adobe Reader または Acrobat Reader が必要です。ダウンロードできる書類についてはこちらをご覧ください

CAN(キャン)私立大学コンソーシアム相互利用サービス
中部大学、愛知学院大学、南山大学の2校の図書館で結成された、共通の目的や利益を達成するために共同での活動を広げようとする図書館活動のコンソーシアムです。CANコンソーシアムでは相互利用サービスを行なっており、CANコンソーシアムに加盟する大学の学生、教職員は、それぞれの図書館を紹介状なしで自由に利用したり資料を借りることができます。CANコンソーシアムについて詳しくはこちらをご覧ください。

  • おもなサービス
    • 加盟館の図書館が利用できます。(学生証、職員証が必要です)
    • 資料の取り寄せが無料でできます。
    • 文献複写のコピーが1枚10円でできます。送料は有料です。


春日井市図書館相互利用サービス
中部大学に所属する学生、教職員のかたは、中部大学図書館を窓口にして春日井市図書館の資料を借りることができます。必要な資料が学内にないか、十分に所蔵調査を行なってからお申込みください。
なお、このサービスを利用して借りた本は中部大学図書館に返却してください。春日井市図書館相互利用サービスについて詳しくはこちら春日井市図書館相互利用サービスご覧ください。
 All Rights Reserved, Copyright © 1996-2017 CHUBU University MIURA Memorial Library